ウィーンでの楽しみと言えば

concert in Wien

やっぱりこれ.

こちらに来る前にコンサートの予定をチェックしてた時は,あまり良いものが見つからず,今回は音楽無しかなと諦めていたのです.でも会議の合間に,友人と楽友協会のサイトをチェックしていたら,何とChicago Symphony Orchestraが来てるじゃないですか.

アメリカから来た客がアメリカから来たオーケストラのコンサートを聴くってちょっと変ですけど,それでも世界トップクラスの名門オケです.おまけに指揮者がRiccardo Mutiですよ.友人に即「これは買いだ!!」と叫び,運良く2席空いていたので,速攻で予約.

プログラムがちょっとマニアックです.Hindemithの交響曲変ホ長調と,Prokofievの組曲「Romeo and Juliet」.

Hindemithの交響曲は初めて聴く曲で,内容的には,「金管楽器奏者が好きそうだなぁ」くらいの印象なのですが,演奏はもう素晴らしいの一言.このオケ,とにかくうまい.大体からしてでっかい音を出すオケですが,その迫力に圧倒され,管楽器のソロなんてもう各人がソリストなんじゃないかと言うくらいのうまさです.

Prokofievの「ろめじゅり」も,Montagues and Capuletsのあの不協和音が炸裂する冒頭,そして別名「ミルヒーのテーマ(違う!)」からグイグイと引き込まれました.こんな良いコンサートに巡り合えるのは何年ぶりのことだろう.

それにしてもMuti,髪が黒々ふさふさしてるので,友人と「何歳くらいだっけ」という話をしてたのですが,もう70際になるのね.びっくり.



Tenmaya, Wien

夕食はコンサート後.友人と何か食べて帰ろうと,彼のお気に入りのTenmayaへ.この和食大好きな彼,オランダ人なんですが,実は昨晩もここに来てるんですよね.その分と合わせて,3Euro割引券を3枚も貰ってしまいました.でも有効期限は9月一杯.どうすりゃいいんだ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「ウィーンでの楽しみと言えば」への16件のフィードバック

  1. 良いコンサートに巡り合えてよかったですね。
    出張が多いのも捨てたもんじゃないかも。
    お寿司もおいしそうなネタが乗ってますね。
    オランダ人のご友人、相当お好きなご様子(^^)
    割引券3枚ですか。こりゃ翌日も行かねばなりますまい。
    それと9月中にもう1回ウィーン出張。
    (野菜不足になりますね)

    1. ポージィさん,これくらいの楽しみがないと,苦労してウィーンに来る努力が報われませんもん.それに寿司も食べられますし.こんなところで何故寿司?という疑問も残りますが,まあ友人につきあったということにしましょう.
      え,9月中にもう一回ウィーンですか? 9月には,えっと,あの,ゴニョゴニョ...

  2. コンサートの生音は素晴らしいでしょうねー。
    元々コンサートを聞きに行ったと思えば、往復の長さも苦にならない?
    お寿司×2のおまけまでついてるし。

    1. Chieさん,このコンサートを聴いたら往復の長さも吹っ飛びましたね.元気が出ましたことですよ.
      お寿司はまだx1ですが,寿司を食べても元気はでないかも.

  3. ウィーンでアメリカから来たコンサート。うん、変です。でも内容がよく場所が楽友協会とくれば、オツなもんですね。シカゴ・シンフォニー、チェックしてみます。

    お寿司、なかなか本格的に見えます。Sushiではなさそうですね。
    当時海外駐在中だった両親とウィーンで合流して、真っ先に向かったのがTenmayaでした。日本食レストランが一軒しかない都市に住んでいて和食に飢えていた母はとても喜んで食事をしていました。その頃まだ日本に住んでいた私は「なぜにウィーンで天丼を・・」と少々ガックリしたものですが、今となってはその母の気持ちがよ〜く分かります。

    1. あーにゃさん,シカゴと言えば指揮者ショルティ時代の黄金期が有名ですけど,今でもトップクラスの指揮者が振ってますね.
      ここの寿司は本当に寿司ですよ.自分としては巻き寿司は不要なんですけど,セットになったのを注文したから仕方ないか.店員さんが普通に日本語で注文を受けに来られます.
      何故にウィーンにまで来て天丼かって,そりゃもうこんなレストランがあれば入るしか無いでしょう,食べるしか無いでしょう.ここんとこウィーン出張のたびにこのレストランに来ているような気もしますが,まあ気にしない.

  4. わ~!いいなぁ!ウィーンでのコンサート!それにプロコフィエフのロミオ&ジュリエットだなんて!!イギリスでは結局コンサートもバレエも行かれず残念でしたが、日本でもあちらで毎日聞いていたクラシックFMというラジオがオンラインで聴けると判明し、結局それを毎日聴いています。時報はずれちゃうんだけど(笑)。ロミオ&ジュリエットの曲目、やっぱりアレですか(笑)。Montagues and Capuletsはラジオのリクエストでも多いのか、かなりの頻度でかかってました。日本もそろそろ「げいじゅつ」の秋なので、なんかないか探してみよ~♪

    1. Sanaeさん,本当なら翌日のブルックナーの交響曲の方が良かったんだけど,あいにく別の予定とかぶってしまったんですよね.もしそれが無かったら...両方行ったかもな.
      イギリスでわざわざ日本のFM放送を聴いてたんですか.あっちなら 寛大なるBBCのRadio3があるじゃないですか.コンサートを聴けますよ.「わざわざ」と言っておきながら,アメリカでBBCを聴いてる自分もナンですけど.

  5. Muti,髪が黒々ふさふさ→植毛???

    何処かの首相の髪の毛が増えていましたよね、物を投げつけられて歯が折れてた方と同一人物だったような気がしますが。

  6. わぁ、良いですね~♪なんか、充実のウィーン旅じゃないですかー☆
    これを見ると、いつも本当に仕事してるのか謎になってくるけど。
    最近オケを浴びてないので、ド迫力の音を頭からぶっかぶりたい気分です。
    ヒンデミットかぁ~。意外に好き・・・♪

    私も巻き寿司は余り好んで食べないなぁ。サラダ巻きやらえびマヨ巻きとかなら好きだけど。(何か邪道系に走ってきてるんかしらー)

    1. Mimi☆Kiraさん,いつも本当にしているのかどうかは秘密ですから.
      ヒンデミットの音楽って,どれも一度聞いたら30分後には頭の中から綺麗サッパリ消えてしまいます.
      この盛り合わせね,巻き寿司は要らないと思うんですよ.あまり好きでも無いし.あ,サラダ巻きだったら大歓迎です.それこそ増量剤やね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください