人物調査の本音と建前

「あなたから見て,彼はどういう人物ですか」
「非常に独創的ですね」(変人だよ! 変人に決まってるだろ)

「彼の仕事の上での能力をどう評価されますか」
「彼の集中力は素晴らしいものがあります」(卒業研究の続きを30年もやってんじゃねえよ)

「彼がもし困難な問題に直面したら,どう対応すると思いますか」
「そうですね,おそらく落ち着いて状況を客観的に判断するよう時間をかけるのでは無いでしょうか」(旅に出るだろうな)

「彼のコミュニケーション能力はどうでしょう」
「彼は自分の考えを相手に的確に伝えることができますよ」(少しは人の話も聞けって)

「彼との仕事の上で何か問題になったことがありますか」
「いいえ,全くありません」(そもそも一緒に仕事なんて無理)

「では最後に,彼に関して何か他の意見がありましたら,どうぞ」
「才能のある人ですから,将来きっと大きな事を成し遂げますよ」(とんでもない事をやらかすな)

という訳で,マッドサイエンティストを相手に一般的な人物調査をするのは無理.

(この話はフィクションであり,実在の人物,団体,Geekとは一切関係ありません)

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「人物調査の本音と建前」への18件のフィードバック

  1. いやいや、一般人だって婚活相手の人物評価なんて、
    ものは言いよう。ざんしょ。

    1. Chieさん,婚活用プロフィールですか? 僕だったら身長30m,年収ゼロ,趣味は三分以内の怪獣退治って書きます.

  2. 今日読み終わった本の中の人物にかなりフィットしている内容で、静かに笑ってしまいました。ところで、人物調査なんて本当に聞かれることあるんですか?

    1. Sanaeさん,聞かれることありますよ.年に何度かあります.あまりにバカバカしい質問が続くので,笑ってしまいます.「彼は良い人ですか?」とか.

  3. 実際人の評価は3割引くらいで聞かないとだめだよなぁとは思っているんですが,ここまで嫌いな人の調査のときには...こんな感じの肯定的な見方ができないのではないかと,思います.管理人さんは大人ですねぇ〜

    1. Sanndaruさん,僕も推薦書,特にアメリカ人が書いたものを読むときは7割引して読みます.
      いやいや嫌いじゃないんですよ.こんな人ばっかですから.

  4. 本音と建前・・・大人ってコワいです。笑
    そもそも人物調査で本音を述べる人っているんでしょうか。
    だとしたら、それもコワいです。

    1. あーにゃさん,人物調査で正直に答える人がいるかどうか,ハイ正直に言えば,そういう人はおります.本音だけの人もかなり怖いです.

  5. ものは言いよう ですね(^^;)
    ( )の中の本音に思わず笑っちゃいましたが、
    対象が自分だったらと思うと冷たい汗がタラリ…。
    そういえば、何年か前ですけれど、
    「自分は周囲の人にどんな評価をされているか」を興信所に調べてもらうことが
    流行っている、なんていうのをTV番組の特集でやっていたのをちらりと
    見た覚えがあります。悶々としているから知りたいのでしょうけれど、
    知ったところで悶々はやっぱり消えないんじゃないかと思ったものです。

    マッドサイエンティスト、映画の中では時々すごい人が登場しますね。

    1. ポージィさん,自分の評価をわざわざ興信所に調べてもらうんですか!? 人がどう見てようとどうでもいいじゃないですか...なんて言う人は必要ないんでしょうが,わざわざお金払うんですかね.
      「あなたのことは,皆さん『嘘つきだ』と仰ってますよ」とかレポートされたらどうしよう.

      ええ,映画の中ではサイエンティストと言えばマッドですから.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください