なんちゃって印象派

先日、友人から夕食に招待された際、家にあった小さなアンティークピアノを弾かせてもらいました。手に入れたばかりとかで、調律など無いに等しいピアノでしたが、おもしろいことに鍵盤一つ一つの幅が狭く、オクターブを弾くつもりで九度音程を叩いてしまいます。

こういう機会、つまり人前でピアノに触るとなると、必ず出て来る問題が「何か弾いてくれ」と言われるもの。弾く分には別に構わないんですが、悲しいかな、暗譜が出来ないタチです。楽譜無しには「エリーゼのために」すら弾けません。

なんちゃって印象派は、そういう時に使える裏技。ちょっと覚えておくと、とても便利です。

雰囲気としては、Debussyの「音と香りは夕暮れの大気に漂う」という感じ。とは言っても難しいことは何もありません。次の事をマスターすれば良いだけ。

まず、弱音ペダルを踏んだまま、両手で和音を押さえます。和音はドミソとかになっていてはいけません。C#から始めて、長短三度音程を、5本の指全部使って適当に積み重ねます。左右の手、同じ和音を押さえるのが安全です。

手の形をそのまま保ったまま、ゆっくりと高く低く平行移動して旋律らしきものを作ります。常に左右10本の指を使います。一番低い音が常に黒鍵になるようにします。

時々、低音で間の手を入れます。左手の基本は、C#→F#の5度跳躍です。

以上を3回ほど繰り返します。弱音ペダルは常に踏んだままです。その間、もっとも重要なことがあります。それはタイトルを考えること。なるべく詩的なものが好ましく、例えば「枯れ葉は夕日に映えて舞う」とか「月光のさす荒れ野」とか。

適当なタイトルをでっちあげたら、おもむろに演奏をやめて説明します。

「今のは、Debussyの前奏曲集第二巻から、『黄昏の丘は甘き葡萄の香りに満つ』のさわりの部分です」

タイトルは少々くさい程度で丁度良いくらいです。適当にやる即興演奏の方は、全然デタラメで構いません。それっぽいタイトルが付いていることが、まず大事です。

表題は間違っても五七調になってはいけません。「黄昏の甘き葡萄の香りかな」なんて言ったら、即ハッタリがばれてしまいます。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「なんちゃって印象派」への10件のフィードバック

  1. こんにちは
    BNLのどこかでお会いできるかな?と思い、ちょうどおいでになっているときに開かれたアパートメントエリアでのパーティに、それらしく方がいらっしゃらないかと目を光らせていましたが、わかりませんでした。

    出張続きでお疲れではないですか?今度はうちの夫が22日からニューメキシコです。サンタフェの秋はどんなでしょう。

  2. これは使える(笑)なんちゃって印象派、覚えておきます♪
    というか、今から試してきます・・・!!
    私の即興演奏は大体ワンパターンになりがちなので、新しいアイデアが必要だったんです(笑)

  3. すごいわ・・・。これができるなら暗譜なんかできなくてもなんのその、ですよね。
    私は長短何度…というのが出てくるともうダメです。
    それにしてもその黄昏の丘に武道の、あ違った、葡萄の香り満つの曲、是非お聞きしたいです。このblogで発表してくださいよー!

  4. 楽貧さん、いらっしゃいませ。
    BNLに到着したのはもう夕方で、スーパーで夕食買って来るのがやっとでした。パーティーがあってたのなら、もっと早くBNLに到着するようにすれば良かったです。その後も研究所に殆ど缶詰状態でした。またの機会によろしくお願いします。って、11月に再び出張予定だったりしますが。

    あのSanta Feの会議、面白そうな所だけこっそり忍び込もうかなぁ、なんて企んでるんですが、参加登録して無いので無理っぽいです。
    10月末は、朝晩かなり冷え込みます。でも昼間、日が照っていると暑かったり。全然アドバイスになってませんが、関東付近の11月みたいな感じでしょうか。

  5. Mimi☆Kiraさん、試してみました?
    黒鍵を基本に音程を上下させれば、旋律は五音音階になるので、それっぽく聴こえます。
    ただ、五音音階の場合、油断すると民謡調になっちゃうので、これも注意。

  6. TAMAさん、やっぱ暗譜できた方がいいです (;_;)
    暗譜が出来ないというより、暗譜するまで根気よく練習する根性が無いといった方が正確かも。
    「黄昏の武道」。。。夕日をバックに虚無僧が尺八吹いてる曲ですか?

  7. 去年のことですが、10年も練習してきて全然モノにならなかった「愛の夢 第3番」をしばらくピアノ課出身の友人に見てもらったのですが、最初に言われたのが「とにかく暗譜」そんなのできない!とずいぶん反発したものの、やってみたらできました。
    一曲でも暗譜できると楽しいですね。それに暗譜ができたら確かに上達もしたような…
    もっともその後新しい曲の暗譜に挑戦しようという気にはなかなかなれないものですが…。

  8. その昔、タモリがテレビやっていた誰でもキース・ジャレットを思い出しました。あまりのできの良さに本当に誰でもできそうだと思いました。「黄昏の名曲」を是非、聴いてみたいものです。

  9. TAMAさん、「愛の夢」を十年間練習する、その持久力に脱帽です。何か暗譜している曲があれば、はったり即興しなくても良いんですよね、ってそれはちょっと違うか。
    わたしゃ、すでに暗譜しようっていう努力を放棄しております。

  10. Sallyさん、その「誰でもキース」見てみたいです!ネットで調べてみたんですが、誰でもキースヘリングとかしか見つかりませんでした。やっぱり弾きながら「ぃえーい」とか叫んだり歌ったりするんですよね。
    同じネタで、誰でもグレングールド、できるかも。

LiLA管理人 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください