また出張

つい先日イタリアから帰って来たばかりなのに、また出張です。今度はパリ。これさえ無ければ、今週開かれているハワイの会合に参加できたのに。。。

パリは過去に3度行った事があります。最初は学生時分の貧乏旅行。パリはホテルが高いので、ヨーロッパを発つ前の晩一泊だけ。町中を徒歩で彷徨った後、Printempsでお土産を物色しました。地方モンなので、プランタンが銀座にもあるなんてぜーんぜん知りませんでした。

二度目はドイツ滞在中。友人にそそのかされ、電車で数時間かけてパリまで行きました。この時は本当の観光モード。メジャーな観光名所を見て回りましたが、お気に入りは何と言ってもOrsay美術館。もう何時間でも居たいくらいです。

三度目は仕事。真冬、極寒のパリで、覚えているのは土産に買った洋服が Made in USA だったことくらい。

今回も仕事なので、自由時間は到着日の午後くらいです。取り敢えず今回の目標は、楽譜探し。さすがにパリだけあって大きな楽譜屋が幾つかあるようです。運良く、今回滞在するホテルが、楽譜楽器街の近く。

観光地としては超メジャーなパリですが、実はあまり居心地が良いと思ったことがありません。多分、理由は言葉の問題。そりゃ英語は話してくれますが、あまり積極的ではないようです。その点、ドイツの町やウィーンなら、少しはドイツ語が分かるのであまり不便は感じないんですが。

というわけで、もしパリのホテルのネット事情が悪ければ(多分、とても悪いと思いますが)、来週から一週間ほど更新できません。再来週パリから戻る途中、New YorkはLong Islandの某所に立ち寄るので、その時は確実に更新できると思います。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

12 thoughts on “また出張”

  1. 文字のレイアウトの感じが変わっていたのでちょっと驚きましたが、そういう事情だったんですね。説明の内容は、私にはチンプンカンプンですが…
    ところで、ヴェネツィアに続いてパリ。いいなぁ! と思いますが、お仕事で行くとなるとそうも言ってはいられないのでしょうね。でもうらやましい。
    私がパリへ旅行したのは10年ほど前。オルセー美術館、私も好きです。ただ、夏に行ったので、上に行くにつれ、熱気がこもってぐったりした覚えあり。メトロにも冷房なかったし…
    楽譜も掘り出し物があるといいですね。私もle pupitre とか、fuzeau 版とか、欲しい! もう随分、御茶ノ水の輸入楽譜店「アカデミア・ミュージック」でそろえちゃったけど。
    パリのお話、楽しみに待ってます。

    ところで、私のブログをリンクしてくださったんですね。ありがとうございます。私もこちらのブログをリンクさせていただいて、よろしいでしょうか。パソコンの「お気に入り」には入れているんですよ。
    そしてお願い。一応、ブログのタイトルは「アンサンブル大好き♪」なので、そのように入れていただけると有難いです(トップページのHP名は「CEMBALO & PIANO へようこそ」なのですが)。

  2. ええーっ!パリに楽譜探しに!(ちがう?)(★O★)!いいなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁ!
    フランスならもしかしてパリ・オペラ座バレエ団のレッスン楽譜とか売ってたりして!
    丸一日楽譜屋さんで埋もれてみたいですー。 楽しんでらっしゃいませ(何か目的を見失っているような?)
    それにしても「地方モン」という言い方福岡の人っぽいなあと思いましたよ(笑)。

    フォントが小さくなって寄る年波に勝てない私には辛いです。(一応うそ。私のPC文字表示が大きくならないのです。老眼じゃありません。…と思いたい今日この頃)

  3. またまた海外出張ですか〜。いいなぁ♪って、遊びに行くんじゃないっての。
    でも、本当に沢山の国に行かれていますよね!!
    パリって私にとって本当に憧れの地です!!新婚旅行まで取っておこうと思ってる位で!
    ってことで、行ける日が来るのかすらわかんないんですけどぉ〜・・・(泣)
    でも、どうもあの言葉に馴染めない。皆さんフラ語は一番美しいとか言いますが。
    そうですか!?私が単なる田舎もんなだけか〜!?
    楽譜探し良いですね〜☆掘り出しもんを沢山見つけてきてください!!

    私のHPもリンクに入れて下さって、ありがとうございます☆
    私もリンクさせて頂きますね!!

  4. Cembalopianoさん、
    この際、大改装するつもりだったんですが、以前のデザインが気に入ってたので、
    極力同じように作り直したんですよ。
    パリとは言っても朝から晩まで会議なので、楽しみはせいぜい晩ご飯くらいでしょうね。
    今回は(も)フランス人と行動を共にする予定なので、レストランとかでは楽そうです。

    リンクのタイトル、修正いたしました。どうもすみません。タイトルをコピーするつもりで、
    ハンドルをコピーしてました。いやお恥ずかしい。こちらのリンクも、よろしければどうぞ。

  5. TAMAさん、そーなんですよ。でそのついでにちょっと仕事してこようかなっと…(ちがっ)
    はっきり言って、自由時間って殆どなさそうなんですけどね。到着した日と帰国前1日くらい。
    効率よく楽譜を探さねば。

    そりゃ福岡は都会ですよ。田舎モンじゃありません。地方モンです。

    えーっと、フォント1ptだけ大きくして、行幅を少し広げました。見やすくなりました?

  6. Mimi☆Kiraさん、また海外なんです。ちなみに年末にも海外旅行があります。帰省ともいいますが。
    新婚旅行でパリ、良いですね。オペラやパリ管のコンサートを梯子できそう。
    音楽好きの連れ合いを見つけてくださいな。

    自分達の新婚旅行では、南部ドイツを電車で旅しました(昔からドイツ好き)。Ludwig IIゆかりの城をまわり、
    最後はKoenigsseeという美しい湖まで、いきあたりばったりの旅行です。
    もう100年ほど前の話ですが。

    リンク、勝手にしてしまいました。そちらでのリンク、ありがとうございます。

  7. 昨年のボジョレー・ヌーボーの解禁日には偶然、パリにいました。ホテル近くの酒屋で色々な価格帯(下は300円位〜)のヌーボーを購入し、同僚三人で試飲しましたが、・・・・。やっぱり、普通のワインの方が旨いというのが三人の結論でした。三人の内、一人はパリは初めてということでしたので、「徒歩で廻るパリのゴールデン・トライアングル(凱旋門、エッフェル塔、ルーブル美術館)と勝手に私がネーミングして、オペラ座にある事務所を出発し、ひたすら凱旋門を目指しました。当然、途中には日本ではおなじみのビトンの本店(店自体がかばんです)を横目でみながら、シャンゼリゼ通りを闊歩します。エレベータがあるのを知っていた私はチケット内場の親父にエレベータの場所を尋ねると、「あれは、障害者用だ」と一蹴されました。仕方なく、徒歩で屋上を目指します。屋上から眺めるパリ市内はどの方向を見てもなかなかです。凱旋門の次はエッフェル塔ですが、我々は、ここまで歩いて力尽き、とうとう水上バスに乗ってしまいましたが、これは一日券となっていますので、セーヌ川沿いの市内にある有名スポットを廻るのは結構、便利です。当初はルーブルへ直接、行く予定でしたが、折角ですので、ノートルダム寺院で途中下車して、昼食、観光後にルーブルへ。このプラン、結構、楽しめたようですよ、私の同僚は。

  8. 私もパリに楽譜買いにいきたい・・・おっと、出張でしたね、すんません。
    全音出版からは出ているフランスの楽譜が、ドイツ語ではない。そして、ドイツで買うと(フランス版を買う)高い、ので、里帰りのときに全音楽譜を買って来て生徒に売るんです。3分の1は安くなります。
    出張の合間を楽しんでくださいませ〜。

  9. Sallyさん、そのゴールデントライアングルルート、確かに有名どころを巡りますが、距離がめっちゃ長いじゃないですか。ほとんどハイキングですよね。全部歩いたら、軽く10kmは越えるんじゃ?
    でもパリの街中って、その気になればなんとか歩ける距離なんで、つい歩きすぎてしまいますね。昨日も、ちょっと足が痛かったです。

  10. nyfさん、仕事なんですって。楽譜あさりは土曜日までお預けです。
    全音の楽譜買うと、当然解説は日本語ですよね。困らないんですか。

  11. そう、それが困ります。生徒は日本語できませんからね。フランス語はできるのに、なんでよ、って言った事ありました。笑っていました。
    で、私が適当に訳して聞かせます。どうせ、すぐ忘れるんだろうけどな、と思いつつ。
    パリでの収穫のアップ、楽しみです。

  12. そうそう、日本の楽譜って結構広まっているのかもしれません。
    子どもたちが学校(弦楽)の授業でもらってくる楽譜にひらがなで「こぎつね」なんてタイトルがついてたりして笑えます。

コメントは停止中です。