ブラスアンサンブル

一昨晩、恒例のLos Alamosのコンサートに行ってまいりました。以前、五嶋みどりが来たのと同じシリーズです。出し物はブラスアンサンブルで、Burning River Brassというグループ。1996年結成ということですので、まだ新しいアンサンブルです。

聞いたこと無いグループだったし(と言うかBrass ensembleって、Canadian Brassしか知らんし)、そもそもブラスのコンサートって一度も行ったことありません。僕の金管ブレインに買いかどうか尋ねたところ「とりあへづ買いでせう」との事だったんで、行ってきました。チケットはたったの$28だし、会場はすぐ近くの高校のホールだし。

編成はTrumpet 3, Horn 2, Trombone 3, Bass Trombone 1, Tuba 1, Percussion 1の11人。でもパンフレットの写真には何故か12人写ってるんですよね。座敷童か?もしかしたらTrumpetは4人居たかも。バストロのお兄さんはTuba持ち替えてたみたいだったけど、そんなの有りなんですね。

編曲ものを中心にやっており、J.S. Bachの2つのViolinのConcerto (d moll)をTrumpetで吹いてるのは、なかなかお見事でした。コンサートの後半はD.ShostakovichのJazz組曲からFoxtrot、G.GershwinのBlue Lullaby、そして D.Mihaud(ミヨー)のScaramoucheから「サンバ」という風に、近代物中心。このScaramoucheという曲、もとは2台のピアノ用だったそうなので、こんど機会があったら楽譜を探して見よう。

Brassオリジナル曲が2つ。一つはGoff Richardsの “Homage to the Noble Grape”。飲んでどんちゃん騒ぎという趣向の楽しい曲。もう一つはAnthony DiLorenzoという人の”Cinematic Brass”。ハリウッド映画のサントラ聴いている様な、とっても
アメリカンな音楽でした。ふぅ、Brassの世界、意外と奥は深いぜ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “ブラスアンサンブル”

  1. 「スカラムーシュ」懐かしいです。大学のピアノ科の試験で2台ピアノというのがあって、その時期になると、部屋のあちらこちらからこの曲が聞こえてきました。他には、インファンテ「アンダルシア舞曲」とかモーツァルト「2台ピアノのためのソナタ」もよく聞こえてきました。(ちなみに私はチェンバロ専攻だったので関係なし)
    私は2台ピアノでしか「スカラムーシュ」を聞いたことがないのですが、これをブラスで演奏するとどんな感じになるんでしょうね。さらににぎやかになりそう。
    とっても楽しい曲で私は大好きです。LiLA管理人様も相棒を見つけてぜひ弾いてください。ピアノとサックスのアレンジもあるようです。

    ところで、コルクボードのコルク栓、あれだけの数を全て呑んだ、と考えると圧巻ですね〜(さらに2,3倍でしたっけ?)

  2. 私も思わず「スカラムーシュ」に反応!!
    高校の時に2台で弾きましたが、楽しくって仕方がなかった(笑)
    その楽しさが友人に移り、友人5人がほうきを持って踊りだすというか回りだす始末・・・
    ・・・まぁ良い思い出ですね♪
    この前、この曲をピアノとクラリネットで演奏しているのを聴きましたよ!
    演奏は素晴らしかったんですが、やはり2台と比較すると厚みがちょっと物足りなくなっちゃいますけど・・・

    そういえば、私も良く考えたらブラスのコンサートって余り記憶にないですねー。
    でも、こんなコンサートだったら内容的にかなり楽しそうですね!!

  3. そーいえば4ヶ月くらい前のメールでそんな返事したような。
    金管アンサンブルは、音色も音域も幅広くて面白いです。
    弦楽器や木管楽器に対するコンプレックスなのか、グリンカの「ルスランとリュドミラ」やらショスタコーヴィチの「祝典序曲」やらやってて、かなり笑えます。
    トロンボーン四重奏でも「ウィリアム・テル」や「魔弾の射手」をやってて、これまた笑えます。

    「スカラムーシュ」は、トロンボーン奏者も演奏されてます。(http://www.tmso.or.jp/discography/details/mm-1185.html)
    僕はCD持ってないですが、バストロ版が出たら買うかも。:-p

    ちなみにバストロとテューバの持ち替えは、アンサンブルの演奏会とかで、たまーにあるみたいです。
    某藝大のトロンボーン科の演奏会では、バストロのにーちゃんがスーザホン吹かされてたっぽいです。

    個人的には、バストロ以外のこと全般に対するブレインが欲しいところです。いやはや。

  4. Cembalopianoさん、ピアノ科の試験にあるんですか。こんな楽しげな曲で試験を受けられるなら、練習するのも苦になりませんね。
    ブラス演奏のほうは、もうパッパラパッパ状態でした。とくにパーカッションのおじさんがいい味出してました。
    ちょっとダサくしたトム・ハンクスがサンバやってる感じ。

    大量にたまったコルク、自分でも少々呆れてます。よくまあ飲んだもんだと。
    先ほど驚くべき事実を家内から聞きました。1年前、溜まっていたコルクを小学校の工作用に全部寄贈したんだとか。
    つまり、あれって1年分。。。

  5. Mimi☆Kiraさんも、ほうき持って踊るっていう状況がちとつかめ無いんですが。。。。
    今、頭の中では5人のレレレのおじさんが、掃除しながら踊ってます。
    サックスのアレンジがあるなら、クラリネットでも演奏できそうですね。でも音色的にちょっとノリが悪いかも。

    なかなか楽しい選曲だったんですが、観客がご年配の方ばかりで…もっと若者が来てもいいコンサートでしたね。
    クラッシクコンサートとなると、若いのから敬遠されがちなのは、何処も同じで。

  6. いけっち君、ご推薦通りに行って来たけど、正解でした。
    金管演奏って、変な編曲ものあるよね。なにもそれを金管でやらなくてもいーだろっていうの。
    ほとんど技の見せ合い見たいな…
    コントラバスのソロとかも、ちょっと近いかも。

    そう言えば、Homage to the Noble Grapeにはテューバのソロがありました。
    テューバソロと言えばMahlerの巨人の3楽章、
    「ふーけーないぞ、ふーけーないぞ」
    ってのがありますな。

コメントは停止中です。