コルクボード

アメリカではメジャーな観光地Santa Feですが、土産物屋が並ぶ町の中心街にはさっぱり行かなくなってしまいました。我が家でSanta Feに行くとなれば、それはWal☆Martであり、Targetであり、Trader Joe’sであり、ようするに日用品の買い物です。

今日はBorder’sで本とCDを買った後、Hobby Lobbyという店に立ち寄りました。ここは手芸、工作グッズの店で、丁度今はハロウィンやクリスマスのための飾りが並びます。本日の目的は、木枠。コルクボードを、ワインのコルクで作ろうというもの。

シンプルな額のようなものが無かったので、結局コルクボードを買ってきました。コルクボードを使ってコルクボードを作るというのも、何だか良く分かりませんが、たったの4ドルだったので、よしとしましょう。

買って来たコルクボードに、井げた状にワインのコルクを接着していきます。ワインによってコルクの寸法が違うので、同じ長さのものをペアにしながら取り付けていきます。

ちなみに高級ワインのコルクは長く、安いものは短い。幸い、家にあったコルクは全部短いものばかりで(って、安いワインしか買わないし)、工作向き。


全面ワインコルクを貼付ければ、このとおり、コルクボードの出来上がりです。ちなみにここには100個弱のコルクが貼付けられています。1本$10のワインとしても、百本で$1000、十万円分のワイン……

ついでながら、このコルクボードをあと二つは作れるほどのコルクが、まだ残っていたりします。エンゲル係数が高いはずだ。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「コルクボード」への6件のフィードバック

  1. 私もサンタフェに行くと必ずTrader Joe’sに寄ります。 ABQにもあれば良いのにな。 おすすめはTrader Joe’s ブランドのバッファローウィングです。 最低2袋はいつも買いますね。。。

    と本題とはずれてしまいましたが、Hobby Lobbyでコルクボードが$4ですか! 欲しいと思ってたんですよね、コルクボード。 それにしてもワインのコルクがちょうどうまい具合にはまりましたね! ステキ~!

  2. 米国ってこの手の工作物やDiaplay物が充実していますよね。
    私も滞米中、所謂、観光地に往く度に、スプーンとショットグラスを集めていました。スプーンの方は、専用の額(ガラスのふたつきで、壁に掛けられるようになっています)を米国で購入し、今もLivingに飾っています。それと忘れてはならないのは、ニューメキシコ州の立体地図です。これは、帰国前に記念にポスドクでロスアラモスに滞在していた日本人の若者に貰ったものです。これもLivingに飾っています。そんなに高価なものではありませんが、想い出深いものです。

  3. Soylistaさん、こんばんは。
    TJ、そちらには無いんですね。Santa Feにある店は何でもあると思ってたんですが。
    TJブランドの品、良い物が多いですよね。最近ではWhole Foodsに行くよりもTrader Joe’sの方が多くなりました。
    コルクボード、キッチンにぶら下げていますが、なかなか便利ですよ

  4. Sallyさん、そうそう、手芸・工作用の品、たくさん売られているんですよね。
    おもちゃなんか買うよりもずっと良いと思って、子供と良く買いに行くんです。

    空港でよくスプーンとかショットグラスが売られているのを見かけますが、
    コレクター用の額もあるんですね。

    今日、用事でwestern areaまで行ったついでに、48th streetの例の家を見てきました。
    かなり山に近い所まで行くんですね。もちろん、知らない人が住んでいるようでした。

  5. これはナイスアイデアですね!可愛らしいです。
    私も小さい時こんなことするのが好きで、ホームセンターに行くのが非常に好きなガキでした。
    しかし、よく飲まれましたねー!!
    あ、現在進行形か。よく飲まれるんですね(笑)

  6. Mimi☆Kiraさん、いいでしょ、これ。昔どっかのレストランにあったのを見て、コルクを集めてたんですよ。
    でもコルクが溜まって行くのが早過ぎて。。。何故かなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください