Erik Satie, Parade

以前にもちょっと取り上げたErik Satie,Gymnopediesの1,3番と,シャンソン Je te Veux(おまえが欲しい)が何と言っても有名ですが,BGMっぽい初期の音楽よりも,神秘的・諧謔的な中期・後期の音楽に面白いものが沢山あります.「犬の為のぶよぶよした前奏曲」の様な珍妙な表題の音楽も,この頃のもの.「夢見る魚」なんて洒落た名前,自分のサイト名に付けたくらいです.

自分自身,酒場のピアノ弾きをやっていた関係か,作品の殆んどはピアノ曲ですが,舞台音楽の為の管弦楽曲が幾つかあります.1917年に作曲されたParade(パラード)はバレー音楽.初演時の舞台衣装はPablo Picasso,脚本はJean Cocteauという錚々たる顔ぶれです.

このParade,残念ながら,未だにバレエの公演を見たことがありません.マイナー音楽マニアの悲しい所です.できればスコアを手に入れたい所ですが,ちょっと難しそう.オーケストラには,タイプライターやらサイレンのような「特殊楽器」が使われているそうです.

オケ版は手に入らなくとも,ピアノ4手に編曲された楽譜があり,音楽には触れることができます.高橋悠治らによるCDも出ています.例によって珍妙なタイトルが付けられた6曲.

  • 赤い幕の前奏曲 Prelude du rideau rouge
  • 中国人の手品師 Prestidigitateur chinois
  • アメリカの少女 Petite fille americaine
  • 蒸気船のラグタイム Rag-time du paquebot
  • アクロバット Acrobates
  • 赤い幕の前奏曲の続き Suite au prelude du rideau rouge

ラグタイムはソロに編曲されたものがあるので,やや有名かも.

音楽の背景は,見せ物小屋の前で客寄せをする芸人達.手品師,踊り子,曲芸師.サーカスを舞台にしたような,当時の前衛芸術.

音楽は,ポリリズム・ポリフォニー・全音音階,そして執拗な反復を用いたもの.バレーは,おそらく仰天もの.静かなBGMのSatieでは無く,20世紀初頭のParisを卒倒させたSatieの音楽,こういう側面を知るのも楽しいものです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “Erik Satie, Parade”

  1. 管理人さんこんにちは九州に住んでいるぱぶりーとといいます

    TAMAさんのところから来ました アップしてある ベニスの 旅行記 楽しく拝見 しました

    10年以上前に 私もいきましたが 素敵な場所ですね
    特にリアルト橋には思い出があり 今でもあのときの事を 思い返してます

    音楽の事も色々と書いてあるようですね
    また遊びにきます

  2. ぱぶりーとさん、こんにちは。私も九州出身なので、九州人大歓迎です。
    私の写真、10年前の印象とさほど変わってないのでは無いですか。何百年も経た町の貫禄ですよね。
    もっとも日本の歴史からすると、まだまだという長さですけど。

    音楽の方はアマチュアですので、何か嘘を言ってるようなら、コメントでビシッと言ってくださいな。

  3. 関西人もおじゃまします。Mimi☆Kiraです。
    酒場でピアノ弾きをやっていた経験をお持ちなんですか〜!?
    かなりレパートリーが必要だったんじゃないですか?
    しかし、LiLA管理人さんの音楽ネタはいつも勉強になります!
    サティのParadeは以前LiLA管理人さんが弾いてみたいと仰っていた曲ですね♪
    あの後、ちょっと調べてみました。面白そうだと思っていました!

  4. 管理人さん ビシッも何もないですよ ほにゃららな人間です

    学生時代に身近にサティ弾きの人間がいて 犬ぶよぶよとか 梨の形とか聞いた事があります

    その人を中心の最大のイベントはサティのベグサシオンという曲を15時間ぐらいかけて年越しの演奏をしてたことでしょうか

    18小節ぐらいを840回交替で弾くのですから大変 私も
    演奏に加わった事がありました

  5. Mimi☆Kiraさん、そうですよ。以前、弾きたいと言っていた曲です。興味あるなら楽譜、送りますよ。

    えっとですね、紛らわしい書き方しちゃったんですが、
    「自分自身、酒場のピアノ弾きを」は「Satie自身、酒場のピアノ弾きを」
    だったんです。ごめんなさい、日本語力が無くて。

    自分自身は、酔った勢いで酒場にあったぼんぼろピアノを弾いて、あたりの空気温度を
    一気に下げてしまった、なんていう記憶を封印しています。

  6. ぱぶりーとさん、Vexationsやったんですね。
    昔、どこかの催し物でやっていたのを聞いた(というか眺めた)ことがありますが、
    聞いている方も大変ですよね、あれは。
    ところで、ぱぶりーとさん、チェロだけでなく、ピアノ弾かれるんですか。

  7. この手の話題には絶対に反応されないと思ってたんですが、バレエ曲で反応されましたね。
    たまにはあるんじゃないですか、公演。寡聞にして知りませんけど。。。

コメントは停止中です。