KitKat 日米英食べ比べ

KitKat, UK, Japan, and US

お馴染みキットカットですが,日本,アメリカ,ヨーロッパで微妙に,いやかなりはっきりと味が違うようです.丁度日本製と英国製のキットカットが揃ったので,食べ比べしてみよう.

写真左はイギリスで買ってきたもの.Nestle UK製となってます.真ん中は日本で売られているもの.ネスレ日本製.そして右のちょっとラベルが違うのがアメリカで売られているものですが,これはHersheysが作ってます.アメリカ版だけLargeサイズ.

ちなみに,下のバータイプのは,イギリスのバータイプのもの.

真っ先に感じるのは甘さの違い.日本版はやはり甘さ控えめです.アメリカイギリス,どちらもかなり甘いものの,イギリスの方がしっかりしたチョコレートの味がします.

やっぱ英米の方が糖分が高くカロリーも高いんだろうなと熱量をチェックしたところ...

  • アメリカ,100 g で 491 kcal
  • イギリス,100 g で 512 kcal
  • 日本,100 g で 550 kcal

これはちょっと驚きです.なんと日本製のカロリーが一番高い.

次に脂質.

  • アメリカ,23%
  • イギリス,26%
  • 日本,32%

これまた日本ダントツ.日本のチョコレートはカカオが多くて,その結果脂質も多いんでしょうか.味は言うまでも無く,日本のが一番美味しいです(味覚には個人差があります...が,異論は認めない).

ところで比較に使った(食べた)アメリカのキットカットはLargeサイズです.これは公平ではない.ウェハースとチョコの配分が異なれば,食感も変わるでしょう.ここはやはり科学的な立場で研究せねば.

KitKat in USA

...という訳で,標準サイズ,買ってきました.なんで3種類買わないといけないのかというツッコミはおいといて,ダークとホワイトチョコと普通のです.

まずはカロリーですが,普通タイプとダークは 100g あたり500 kcal.脂質は26%.ホワイトはカロリー,脂質いずれもやや高めです.

結論.カロリーを気にしない人は日本のキットカットを.ダイエット中の方はアメリカのHersheys製キットカットを食べましょう.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「KitKat 日米英食べ比べ」への18件のフィードバック

  1. えーおどろき!
    キットカット(日本)って甘過ぎて、子供のオヤツだねって思ってました。
    よそのはもっと甘い?
    そうかー・・・

    1. Chieさん,日本のが甘いなんて,甘い甘い.アメリカのチョコはさらに上を行きますよ.
      甘さ控えめなんてキャッチフレーズは存在しない国です.

  2. 甘さ控えめの味わいとカロリーは比例していなかったんですね。
    日本のがいちばん脂質もカロリーも多かったとは意外でした。
    ヘルシー志向もあって日本食人気が高まっているのでしょうけど
    キットカットはちっともヘルシーじゃない?
    …って、これ日本食じゃありませんでしたね。

    1. ポージィさん,ヘルシー志向な方だったら,日本製だろうがアメリカ製だろうが,キットカットは控えるでしょうねえ.甘さ控えめ高カロリーというのは,僕も意外でした.こんな記事を書いてたら,そのうちメーカーの広報からコメントが入るかもしれません.

  3. 食べ比べ楽しそ~う(笑)全部お一人でなさったのですか・・・???パッケージは日本のが一番立派ですね。昔はただ紙とホイルで包んであっただけのような気がしますが。視点が違う?キットカットは久しく食べていないので、どんな甘さか忘れてしまいました。あ!ひょっとしてそのキットカット、今年のバレンタインに貰ったものですか?全部(笑)。

    1. Sanaeさん,さすがに全部一人で平らげはしませんでしたけど,と言うかまだ残ってますけど,ちゃんとひと通り全部味見はしましたよ.
      日本のは紙の箱入りですね.もしかしたら袋入りタイプも売られているのかもしれません.なんせ日本版は,簡単には手に入らないもので.
      バレンタインのチョコなんて,こっちじゃやりませんよー.ま,日本に居たところで,ヴァレンタインチョコレートとは無縁ですけど.

  4. ダイエットしている人は、最初から500kcalのお菓子を食べません(笑)。
    確かに日本のチョコは美味しいですね。 カカオの脂質だけじゃない物が多いのがおいしさの秘訣なんだとは思いますが(笑)。 本物志向だと駄目扱いされるとは思いますが、個人的には日本のも好きだなぁ。 

    アメリカで初めてチョコを食べた時には「ザラメ入り?」って思っちゃいましたし、ヨーロッパの物はカカオが強いなぁという印象というか。 どれも食べ慣れると美味しいんですけどね(笑)。

    日本のお菓子、カロリーは高い物が多いですよ。 菓子パンとかも一個で1000kcalあるものも結構ありますし。 これ食べるならラーメン食べた方が良いなと思う事もしばしば。

    ただ、日本のお菓子は量が少ないです。 パッケージに入っている量が少ないので、必然的に量で摂取カロリーがコントロールされているのかなと思います。 日本のお菓子がアメリカサイズで売っていたらかなり危ないです。

    1. Mooseさん,考えてみりゃ,500kcalってかなり暴力的ですよね.これひとパックが50gくらいなので,パッケージ当たりだと半分ですが,それでも結構な量.
      確かに日本のお菓子は,微妙な配合というか味調整が上手いんでしょうね.僕もアメリカのチョコレートを最初に食べたときは,ザラメ入りかと思いました.カカオとか砂糖の配合はもとより,舌触りとか食感みたいなのが違うんですね.ああいうのが好まれるのかなあ.

      それにしてもMoose氏,食品のカロリーにやたらと詳しいですな.菓子パンをかじりつつ,袋の裏の成分表を見つめる姿が目に浮かぶようです.とりあえず,次回は中国版キットカットに挑戦してみたいと思います....手に入るのか?

  5. やっぱ、日本の奴がベストですが、ミーティングとかで詰め合わせのお菓子の袋を向けられると、キットカットかM&Mだけを取っちゃいます。自分で選ばせてくれなくてReese’sを手渡された時は涙です・・・。

    1. lce2さん,ミーティングでお菓子の詰め合わせが出るんですか.さすがにその経験は無いかも.ドーナツとかならたまにありますけど.しかもリーセスはちょっとねぇ...
      そういやナッチョ+サルサという New Mexican なおやつもあったな.

  6. 面白い結果ですね
    夜7時のテレビ番組で20分くらいは持ちそうなネタだと思います。
    しかしホワイトチョコ大好きな私にはつらい事実です
    でも食べ続けます。運動をしっかりします・・・

    1. Rockyさん,そのうち番組制作会社から,ネタ提供の打診があるかもしれません.
      スタジオでアメリカ版KitKatを食べたタレントが「え~~!」って意味なく叫ぶ.
      ホワイトチョコは,カロリー高いっすよ.ハーフ&ハーフで行くのがよろしいかと(白と黒を交互に...)

      1. ロッテで出しているホワイトチョコの中に黒チョコのはいっているものを試したのですが、私にはいまいちで・・・
        やはりホワイトチョコが好きです
        飽きがくるまでホワイトチョコを食べ続けようと思います
        スポーツジムのウエイトの重さを少し増やして頑張ります!

        しかしこのブログの形式は良いですね。
        個人的にやりとりしてる感が増しますね。
        気をつけないと、個人的な秘密とか自分でばらしてしまいそうです・・・

        1. Rockyさん,あは,白黒ってあったんですか.日本だと沢山の種類のチョコレートが売られているので,ホワイトチョコも選択肢がありますよね.
          この入れ子形式,ちょっと便利でしょ.コメントが増えてくると,コメントへの返事がややこしくなってしまったんですが,これならすっきりです.
          ただ,新しく入ったコメントを忘れそうになっちゃうんですよね.コメント文が一番下に来ないから.

  7. 受験シーズンですが、KitKatとは縁遠いですね( ´ ▽ ` )ノ

    1. いたずらリスさん,「涙の雫」なんていうロマンチックな名前のチョコレートがあったらいいのにね.

コメントは停止中です。