Scott Joplin, Ragtimeピアノ曲集

old piano ads

高校生の頃に買った楽譜に,リットーミュージック出版Scott Joplinのラグタイムピアノ曲集があります.映画 Sting で有名な Joplinの音楽ですが,実際有名なのはほんの数曲程度でしょう.

出世作となった Maple Leaf Rag, 誰でも知ってる The Entertainer, そしてこれもやっぱりStingで使われた Solace.この3曲だけは名曲だけど,その他はたまにCMなんかで聞く程度.数十曲のピアノ曲が作曲されていますが,正直言ってどれもワンパターン(死後),弾いてると間違いなく飽きてきます.

さて,本題を離れて,上の写真は楽譜の表紙の一部.ピアノの古い広告ですが,そのお値段,$59.45ですよ.何時の時代の広告なのかは分かりませんが,$1が数千円から1万円程度の価値だったのかな.45セントと言う端数は,もし今の時代だったら 98(日本の場合)とか,99(アメリカの場合)になるんでしょう.

もう一つ脱線.楽譜の編纂者として長瀬隆子さんという方の名前が印刷されています.経歴が書かれているのですが,それがちょっと,いやかなり変っている.

東北大理学部生物学科出身.その後,Hawaii Univ., CalTech に留学.その後ラグタイムに興味を持ち,音楽を勉強するためにLincoln Univ. へ行かれたらしい.理学から音楽への転向とは.

それはさておき,Joplinの曲の中では,Solace ソラースが一番好きです.知らない方は,どうぞYouTubeあたりで聴いてみてください.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「Scott Joplin, Ragtimeピアノ曲集」への4件のフィードバック

  1. おー!スコットジョプリン。
    昔テープに録ったのを貰って聞いてました。
    メープルリーフラグあったなー。
    どれも似てて聞いてても飽きるんだけど、
    なんか古い感じが昔の映画みたいでいいのよねー。
    アメリカのクラシックって感じ(ちがう?)

    1. Chieさん,スコットジョプリンを聞いてたとは通ですね.アメリカらしい音楽ですよね.ヨーロッパの作曲家でも,ラグを真似して書いた人が何人か居ますよ.
      たしかに,どれも似てて聴き飽きます,はい...

  2. Youtubeで聴きました!ほのぼのしますね~。曲は知っていても、誰の何という曲だか知らないものが沢山あります。

    60ドルのピアノ?!ソローの「森の生活」には、「石灰二樽2ドル40セント(これは高かった)」と書かれています。「ガラスつき古窓二つ 2ドル43セント」とも・・・。19世紀の話です。全然ピンときませんが、いかがでしょう?

    1. Sanaeさん,スコットジョプリンの曲はテレビなんかでよく使われるので,意外ときいてる筈なんですが,作曲家の事までは知られていませんね.
      ドルの当時の価値の計算方法を調べてみたのですが,数種類の方法があるようです.100年前で大体20倍程度でした,ピアノ$60は$1200で10万円くらいか.安いね,このピアノ.
      古窓一個,あるいは石灰一樽が$25,つまり2000円.どうなんでしょ?古窓ならそんなものか.石灰は検討もつきませんけど.そもそも現代の売値もしらないし.

コメントは停止中です。