除草作業

土日を潰して前庭の雑草を何とか取り除きました。とは言っても実は半分だけで、奥の方は来年度プロジェクトとして先送り。写真左奥に見える緑地が放置された部分で、雑草を短く刈り込んで芝生をカモフラージュしています。これは「カモ芝」と呼ばれます。近所でもカモ芝している家は数軒あって、芝刈り機では無く、草刈り機で手入れします。と言うか、要するに普通の草刈りですが。

作業していると、隣人がやってきて「何を植えるの?」と聞かれました。「芝生にしようと思ってるんだけど」と答えると、「バッファローグラスは水があまり要らなくて良いよ。うちの前庭は全部それ」。

そのバッファローグラス、うちの前庭にも雑草に混じって蔓延っており、丁度今、スコップで掘り返しているところ。さらに彼は「でも、バッファローグラスって、結構高いんだよね」とおっしゃいます。山と積まれた掘り返されたバッファローグラスを眺めながら「高かったんか、これ…」。今更バッファローグラスだけ山から取り出すのも大変なので、とにかく初志貫徹、全部掘り返す作業を続けました。


注文していた染井吉野が配送されてきました。1m程の、棒にしか見えない苗木が3本。さらにおまけで、楓とレンギョウの苗も入っていました。これだけ入って$34はお買い得かも。桜とレンギョウは前庭に植樹し、楓は裏庭の隅に植えました。心配なのはここの寒さ。うまく活着すると良いのですが。


先日買ったTall Fescueの種。どんな芝に育つのか、小さなトレイで水栽培してみます。理系の人間はとにかく実験です。(「普段、実験してないじゃん」のつっこみ禁止)

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “除草作業”

  1. 芝って本当にいろいろな種類があるんですよね。
    庭の部分部分が本当に細くて柔らかで伸びすぎず理想的な芝なのですが、これが何という種類なのかわかりません。わかったら全部張り替えたいくらいに気持ちが良いです。

    手入れの良いお家は、雨の日も全く靴が汚れないくらいに芝がthickというかみっちりと植わっていて素晴らしいんですが、どうしたらあんな芝生になるものやら。
    聞けばよく根切りをし、肥料をやり、芝刈りを週2回欠かさず…といったところのようです。できそうでできないですよね。

  2. 体中がピキピキ悲鳴を上げていたりはしませんか?
    うちなど、20分の1にも満たないような小さな庭ですが
    すぐに音を上げてしまいます。LiLA管理人さんに脱帽です。

    ナチュラル・ガーデンといった趣で素適なお庭。
    これから芝が育って桜が育って…楽しみですね。

    そうそう、私が住んでいる市内のある公園では
    一見芝生の広場に見えて、よく見ると「すずめの帷子」やら
    クローバーやらが混在していたりの、実は「雑草の広場」が広がっています。
    でも、踏み荒らされても全然はげない逞しさをもっていますし、
    短く刈り込んであるので結構いけます。
    LiLA管理人さんのお宅の庭の奥のほうが、
    そういう感じになるのかなと思いながら拝見しました。

  3. > Tamaさん、
    柔らかくて細い葉の芝、いいですね。ここのような環境で育つ種類は
    限られてるみたいですね、牧草とか(笑)。
    こちらは寒地型の芝だけですが、Tamaさんとこは暖地型も入ってるのかも。
    その柔らかい芝を抜いて、ナーセリーに持って行って種類を聞くのが早いでしょうね。

    芝刈り週2回ですか。それに「根切り」って何?
    うーん、芝やめて石庭にしようかな、やっぱり。

    > ポージィさん、
    ご声援ありがとうございます。もう、体ボロボロです。とても奥の方までやれそうに
    無いので、今回は諦めました。緑なのはいいんですが、なにしろ雑草、成長の早いこと。
    草刈りして2週間後には、もう穂を出して種を付けてたりします。うちの庭で二毛作
    しないで欲しいです。

  4. >>その柔らかい芝を抜いて、ナーセリーに持って行って種類を聞く
    そうですね。やってみようかなあ。普段わざわざナーセリーへ行くことはほとんどなく、ホームセンターで済ませるので店員に何も期待しちゃあいませんでした(笑)。今度行ってみます。
    根切りというのはですね、ローラーに大きなトゲがついたような機械を転がしていって、芝の根っこを空気に触れさせてやるのです。そうしないと密になりすぎてよく育たないのだそう。我が家はもう3年以上やっていないことになるので…またツールが一つ増えるのかと思うと憂鬱です。

コメントは停止中です。