遠くから眺める霧のSan Franciso

Berkeleyの宿泊施設は高台にあります.丘の上からSan Franciscoを眺める.この夜景を見るために,どんだけ坂道をスーツケースを引っ張って登ってきたことか.いや実際は,通りかかった人の車に乗せて貰ったんですけどね.

到着当日と翌日は快晴で,日なたにいると日焼けしそうなほどの日差しでした.ところが一夜明けると,深い霧.

霧のサンフランシスコ,想い出のサンフランシスコ,I Left My Heart in San Franciscoなんて曲を思い出しますが,ここはBerkeley,実は遠くから眺めているだけです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

下を向いて歩こう

横断歩道やタイル,足元に続く一定パターンがあると,歩調がそれで乱されます.枠から足が出ないように歩幅を調整してしまう.程よい間隔であればよいのですが,ちょこまかになったり,大股になったり,歩きにくいったらありゃしない.

いやべつに合わせなくてもいいんですけど,ついつい揃えてしまうのです.子供の頃,近所の商店街でタイルに合わせて歩いてたのが,染み付いてしまったのかもしれません.

もちろんそういう歩き方をするのは,30cm四方くらいのタイルとかの場合だけですよ.ヨーロッパの古い町に残る石畳でそれをやってたら大変です.歩幅ばらばら,進路ぐねぐね,酔っぱらいにしか見えません.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ホテルの朝食を避ける

知り合いから,「東京へ行くんだけど,ホテルはどこがいい?」と聞かれることがあります.どこと言われても,仕事先がどこなのかで全く変わるし,そもそも東京のホテルを推薦できるほど泊まり歩いておりません.

成田からのアクセスも問題になります.大きなスーツケースを引き摺りながら,山手線を乗り継いで行けとは流石に言えません.

でもおそらく一番セールスポイントとなるのは,観光とAfter 5の飲食店.繁華街付近のホテルならそういうのは便利ですが,場所によっては少々カオスとなります.東京ど真ん中なら有名所が集まっていますが,少々熱気が足りない.

そんなこんなを考慮して,僕は銀座周辺あたりのホテルを推すことが多いです.自分自身は親戚宅にお世話になるので,そこからのアクセスが楽なのも理由.

友人をホテルに泊め,翌朝迎えに行くと,予約の手違いとかで朝食が含まれてないと言われたそうです.追加すると毎朝数千円.さすがに高すぎるからと彼が採った手段は,コンビニ朝ごはん.

ホテル付近を徘徊してコンビニを見つけ,そこで適当に朝ごはんを買ってきたんだとか.まるで日本のサラリーマンの出張です.こりゃ世話ないやと思った次第.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

マウスで文書にサイン

署名付きの書類を真面目に作るときは,まず書類を印刷し,そこへ直筆サイン.でも実物を要求されることは殆ど無くて,書類をスキャンしてメールすれば事足ります.メールで良いのならズルできて,予め用意してある署名の画像ファイルを貼り付けるだけ.PDFにしちゃえば分からない.

今となっては意味があるのかどうかよく分からないサインですが,さらによく分からないオンラインサービスがありました.文書が画面に表示され,サインする部分をクリックすると,勝手に僕のサインを作ってくれるというもの.

どういうことなのか.

フルネームを筆記体で書いた画像が自動生成され,これでよいかのOKボタン.

いや,それで良いかって言われても,そんなサイン使わないし.

それで良くなければ,自分でサインできます.マウスでお絵かきする要領ですが,これがめちゃくちゃ書きにくい.僕はいつも漢字でサインするので,マウスでカチカチしながらなんとか描き終えたものの,普段のサインとは似ても似つかない.こんなん本人証明になるわけないじゃん.印鑑よりマシかもだけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

釣り竿のようなフロアスタンドライト

基本的に天井に照明が無いアメリカの家なので,どこかに間接照明を置く必要があります.長年使っていたフロアスタンドライトが老朽化し,シェードのプラスチックがぼろぼろになっていたので,新しいものを探していました.そこそこ明るさがあって,リビングで仕事するときに十分な明るさになるものがほしい.

Amazonで見つけたのが,このシンプルな弓型LEDライト,Brightech Sparq Arc LED.写真は暗い居間のものなのでさほど明るそうに見えないのですが,実際はこれ一つで天井の照明が要らないほどの光量です.

明るさは三段階で調節でき,一番暗い設定だと,深夜のくつろぎタイムに丁度よい明るさです.アーチになった先端に何かを吊り下げたい衝動に駆られます.釣り竿のようにして,風鈴でもぶら下げるとか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感