三大交響曲にしては大きくない

以前も書いたような気がするのですが,三大なんたらシリーズの音楽編,三大交響曲。どこかのオケのコンサート案内で,三大交響曲の夕べみたいなプログラムがあったのです。

三大交響曲,どれだろう。まあ興行的にはBeethovenの5番通称「運命」,Schubertの終わらない青春「未完成」,これはいま8番なんでしたっけ。7番?

さてもう一曲。えっと,なんだろう。Beethovenがダブっていいなら第九,そうじゃなければMozartの41番Jupiter,Brahmsの1番,Brucknerの8番,Haydnの…,この人はまあいいや。

答を見たものの,なんだかあまり納得できません。三曲目はDovrakの交響曲第9番「新世界から」。

確かにポピュラーな曲ではありますが,BeethovenとSchubertに並べるのって,ちょっとどうなんでしょ。やはりウィーンに縁ある人じゃないと。

考えるに,この3曲ってコンサートのプログラムとして組みやすいんでしょうね。Beethoven, Schubertは短めなので,前半にこの2曲。新世界を後半に置いて,終わりのじゃ〜〜〜〜〜〜んで余韻を引きつつ解散。いやいやいい演奏だった。やっぱり交響曲の終わりは,じゃーんでなくちゃ,でSchubert涙目。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

花咲く夏のPajaritoの山道を散歩

週末の夏山散歩,野草が花を咲かせています。こちらのfleabane(紫苑のたぐい)はトレイル沿いに花を咲かせているので,もしかしたら人に種が付着したのが,町中から広がってきているのかも。

名前調べるのが面倒なので,以下略。カメラを向けるだけで名前を教えてくれるアプリもあるそうなんですが。

最後は花ではなくてローズヒップ。野ばらの群生が小さな実をたくさん付けています。

もっとひっそり感が高い高山植物が花を付けているのですが,小さすぎてスマホじゃうまく撮れません。だから一眼レフを買おうなんてことは,極力避けております。あれを始めたら底無し沼。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

確実に落ちてるようです

Los Alamosの山を歩いていると,燃えた倒木をちらほら見かけます。山火事で燃えた木々は立ち並んでいるので分かりますが,こちらは単発。おそらく落雷で燃えたんでしょう。

木の内側が焦げ,空洞になっています。内部から燃えたんでしょうか。枝はそのまま残ってるし。

こちらは別の松の木の根っこ。やはり中がより燃え,外はまだ残ってる風。原っぱにぽつんと立っていたようなので,これも山火事ではなく落雷でしょう。

こうして見ると,落雷で発火というのは日常茶飯事っぽい。もちろん嵐の最中なので,雨のおかげで延焼は免れるようです。

毎日のように午後の天気は崩れ,ごろごろと唸り続けるのですから,うかうか山道を散歩するのも危険かも。

危険と言えば,こんなものも見つけました。

鹿,かな。かなりゴツい背骨なので,あるいはもちょっと大きい奴かも。大腿骨が見つからないのは,美味しい部分を誰かが持って行ってしまったのでしょう。でもそれに加えて,

頭蓋骨がない!

誰かが持ち帰って,家に飾ってるのか。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

一年ぶりにピアノ調律

いつも適当に手持ちの写真を挿し込んでいるのですが,今日ほど関連のない写真は珍しい。ピアノ調律の話です。

田舎暮らしの不便なところの一つ,ピアノ調律師が見つからない。過去に何人か入れ替わり調律をお願いしていたのですが,ここ数年頼んでいた町中の調律師さんと連絡がつかなくなったのが昨年のこと。

電話はかかるものの,留守電のみ。メッセージを残しても折り返し電話無し。止む無くローカルの別の調律師さんにお願いしたのですが,色々と問題残して行かれました。

一年我慢して,ネットで別の調律師さんを検索。Santa Feに何人かおられるようで,その中の一人に連絡し,ようやく調律してもらいました。

今日の調律師さんは作業もテキパキ。他の調律師らの事情も知っておられるようで,Los Alamosの調律師さんに連絡がつかないんですよねえという話をしたら,

「彼だったら,引退したらしいよ」

そら電話しても放置されるはずだ。ついでに別のほうのローカル調律師さんのことを話題にしたら,

いやこれはやめておきましょう。基本的にその人のことは知らないということなので。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

夏の午後,雨雲吐く機関車231

金曜の午後,少々暑いかとは思いながらもウッドデッキにスピーカーとノートパソコン持ち出し,プチノマドワーカー。そのうち曇ってくるに違いないので,日差しさえなければ快適な野外です。

かけてる音楽で,どれくらい仕事集中していたか測れます。この時はPiazzollaのCDを通して聴いて1時間ちょい,その後A. Honeggerの交響曲の交響曲のどれか,多分1番か。それが30分ほど。そこでポツンポツンと雨が降り始め,慌てて退散しました。

録画しっぱなしにしていたiPhoneを回収して,雲の動きを確認。全く動いてないように見える雲ですが,こんなにダイナミックに変化しています。流れるだけではなくて,生まれては消えを繰り返してるんですね。Kalman渦列見えるかな。

こういうの計算で出せないかな,とか思ってしまうのは悪い癖ですが,まともにやると,おそらくはスパコンレベルのシミュレーションになるんでしょう。学生時代,打ち上げ花火の大輪をパソコン画面にCGで咲かせようと試行錯誤したのを思い出しました。

老後の趣味にとっておこう。その頃までにはHoneggerの交響曲を全部区別できるようになってるでしょう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

シンプルライフな土曜日

某大統領の語る言葉をCNNが逐一Fact Checkしており,それがまるでボケとツッコミの芸風で面白いのですが,書き起こされた言葉を読んでみると,まあなんとも簡単な単語ばかりを繋げて喋ってるもんだと驚きます。日常会話一般に言えることなんでしょうけど。

今週あれこれと英作文していて,パソコン画面を見つめすぎたせいか,瞼がピクピク。こりゃかなり目が疲れてます。深夜,ちょっと目を休めようと一瞬目を閉じたら,あれ?

20分経ってる

こらやばいと,今日は仕事無しで,午前中に軽く山歩き,帰ってきてビール飲んで夕方まで寝てました。いやはや怠惰な週末ですこと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感