みるみる埋まっていくカレンダー

これさえ終われば,来週はちょっとゆったりできる。

そう夢見てたこともありました。

でも現実は,空白の多い来週のカレンダーがみるみると埋まっていく現実。お盆だよ,なんでミーティング入れるの!

ふと思い出したのが,今年は初盆。僕はまあ仏教とはさほど縁の無い人間だし,そもそも海外に降りてくる霊もあまりいないだろうということで,気にしないことにしました。

考えてみれば,そういう宗教がらみのこと,やりません。元々育った環境もそうでした。お盆の墓参りの記憶は小学生のときに途絶えています。母方の祖父母に至っては,キリスト教と仏教ちゃんぽんしてたほど。神棚すらありました。

ま,いいんです。秋刀魚の頭もなんとやらです。あれ,秋刀魚だっけ?

お代わりはサービス

友人らと夕食会,近所のビアパブへと行ってきました。いつも行くのはビールのみの場所,こちらは料理が出ます。まずはビールを注文し,ちびちび飲みながら料理を選びます。この日は定番のグリーンチリバーガー。

ほどなくして全員分の料理が運ばれてきたのですが,何故かバーガーがありません。どうやら店員さん,僕の注文を間違えたらしい。慌てて厨房へと戻り,持ってきたのが,

山盛りの自家製チップス。すぐに料理作ってくるから,これ食べといてというサービスらしい。

揚げたてのポテチ,絶妙に美味しいもんだから,ビールが進みます。グリーンチリバーガーが運ばれてきたころにはグラスは空っぽ,お腹も少々張り気味。

でもこの料理を水で食べる訳には行かない。ビールお代わりしましたとも。よりにもよって,バーガーにも大量のポテチが。。。

お行儀よくないながらもバンズの片側だけ残してしまいましたが,バーガーは完食。ピリ辛が旨い。ビールも飲んじゃったんだけど,合計2パイント,ほぼ1L飲んでます。

さてお会計,ビール二杯飲んだからって店員さんに自己申告したものの,料理遅くなったから一杯サービスでいいんだとか。なんとラッキー。それにしても,お腹が苦しい。

キノコ拡大してみた

3cmほどの大きさの,まだ生えてきたばかりのキノコ,マクロレンズで拡大したらこんな凸凹が表面に。これがどう伸びていくのか,ずっと観察してたいところですが,生えてたのは林の中。蚊にやられます。

こちらも同じくらいの大きさのキノコ。ケーキのようでもありますが,群生してるとゾワゾワっとなります。

ずっと雨続きなので,今週末も大量収穫かも。でも雨が降れば蚊が出る。探検にも覚悟が必要です。ってこともないけど。

白い墓廟は薄かった

存在は知ってたものの,一度も入ったことがなかった町中のリカーショップ。なんでもIndian Shopなんだとか。ここなら Native Americanの意味だと誰もが思うはずなんですが,入ってびっくりの本物のインド。

リカーショップとは言え,アジア食材やらなんかよく分からない野菜も売られています。アイスクリームに添えるウェハースをレジに持って行き,クレジットカード出したら,なんと$5未満はカード支払いできないんだとか。

そういうのは契約違反なんじゃないかなと思いつつも,確かに$1の商品じゃ,儲けよりも手数料のほうが高いんでしょう。まあしゃない,なんか買うか。

折角のインドなのでインドビール,その名もタージ・マハルです。これをチョイス。

自宅に戻り早速味見。インドと聞いて何となくこってり系を想像していたのですが,これは全く逆の超ライト。う〜ん,味が無い。

今年もキノコの季節となりました

雨の季節になれば,そこかしこに生えてくるキノコたち。この特大サイズはジョギング中に見つけたもの。道端に生えてるなら,山に行けばもっとみつかるはず。とは言え,山は大雨に遭遇する可能性大。町中の森を散策にとどめておきましょう。

種類なんて分かりませんが,どれも毒っぽい。わかんないけど。

ゴロヴィンの森の変な楽譜

以前話題にしたな,いつだっけと検索してみたら,なんと2006年。ゴロヴィンの森の物語 G’schichten aus dem Golowinerwaldの楽譜を引っ張り出してきてつらつら弾いていました。途中ジャズっぽくなるところは譜読みしにくかったので以前は飛ばしていたのですが,改めて全部弾いてたら,なんかすごいパーツが。

カデンツァ部分なのでテンポとか自由でいいんですが,こりゃいったいどう弾けばいいんだ。

最初の音は8分音符の長さ,それを最後32分まで加速するってことなんでしょうけど,こんなの初めて見ました。も一回最初から丁寧に見たら,他にも変な箇所あるのかも。

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感