電話多めだった一週間

仕事上の連絡は99.9%メールですが,残りの0.1%は未だに電話です。こちらからかけるのは本当に必要に迫られたときだけ。あとはかかってきたら,気が向いたら受話器を取る程度。

今週必要に迫られたのが2件。予約したはずの航空券の様子がなんだかおかしく,予約は入ってる様に見えるのに発券されていないというメッセージが出ます。已む無く航空会社に電話。

どうやらクレカ決済でトラブっていたらしく,その場ですぐに解決しました。「他に何か御用は?」と聞くので,じゃあその予約,マイル使ってビジネスクラスに変えられる?と聞いたら,

「このクラスのチケットではマイルは使えません」

どうせ安いのしか買わんわい。

ホテル予約,オンラインでできないタイプだったので,予約センターに電話すると,

Where are you traveling to?

東京だと答えるも,通じません。何度かやりとりあって,スペルは?と聞くので,

T-O-K-Y-O !!!

Oh, Tokyo in Japan !

だからそう言ってるだろう!

Tokyoが通じない英語力しか,僕にはなかったんだ。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

季節のひよ子,ありました

ひよ子は福岡銘菓ですよ,東京ちゃいますよ。と言うわけで,そこそこ日持ちする吉野堂ひよ子を福岡空港で買って帰りました。たまに季節ものがあり,今回は栗。でも本来12月からは苺ひよ子なんだそうです。

そしてご登場いただきました,ひよ子ちゃん。このつぶらな瞳,頭から食べるか,尻からいくか,that is the question。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

あらないありますアラあります

アラ料理と言うと魚料理の残りものを使った料理みたいですが,九州のアラは高級魚のクエ。博多アラ料理を堪能してきました。まずは大皿に盛られた刺し身,これだけで感動ものです。

天ぷらに煮物,お腹をセーブせねばと思うものの,箸が止まりません。飲み放題コースもつけ,おまけに日本酒ソムリエが同席。この料理にはこの日本酒,これにはこの焼酎と,完璧なマリアージュを提案されておられました。

飲み放題コースの中には,フグのひれ酒もございます。さすがにこれはアラのヒレじゃないと思う。

そしてアラ鍋。絶品ですが,次も確実に来ます。でも腹に入れます。

そしてアラ雑炊。いやーもうたまんない。毎年の恒例行事にしようという提案もありましたが,本当に毎冬福岡へ出かける理由を探してしまいそうです。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

さらに麺々しぶとく麺

帰国中,なんど麺類を食べたことやらです。写真とり忘れたのも含めて,ほぼ毎日,いや確実に毎日。まずは定番のごぼう天うどん。これなくして,九州のうどんは語れません。

そして辛いラーメン。ビールが進むとお思いでしょう。なんとなんと,ビールを頼み忘れたのです。なんせフードコートだったので。水で我慢。

そして帰国時の福岡空港,まだいけるぞと,最後のごぼう天うどん。こちらもフードコートなので,おやすうございます。しかも注文から出てくるまで1分。さすがに羽田空港でラーメンはやめておきました。

とは言え,麺ばかり食べていたわけではありません。久しぶりに本格喫茶で香り高い珈琲のひととき。福岡天神の珈琲舎のだ,昔天神での買い物の休憩でよく来たところです。最初はブラックを楽しみ,半分過ぎたらホイップクリームを入れてウインナーコーヒーにします。ウィーンには無いウインナーコーヒー。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

博多で早めのクリスマス

博多駅を出ると,そこはイルミネーション輝く世界,なんとドイツ風のクリスマスマーケットをやっています。さほど寒いわけでもなし,ここは楽しんでおこうと,友人二人とこちらで飲み会となりました。

本家と違うのは,クリスマスマーケットと言えばあちらでは主にオーナメントを売る屋台が中心です。でもこちらは酒に食べ物,要するに普通の日本の祭りの出店をあっち風に装飾しただけ,みたいな。

でも折角やってるんだから楽しまない手はありません。渦巻ソーセージ,ポテト,チキン,それにビールとホットワイン。音楽が少々うるさくて会話に支障をきたすのは諦めるしかない。みなさん,そういうステージで間を持たせてるわけですので。

そしてやってしまいました。〆のラーメン。辛子高菜の超辛かったこと。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

平成と令和の偶然セット

帰国中です。今回,手持ちの日本円を少し減らそうと,極力現金払いしているのですが,クレジットカード払いに慣れてしまった身としては,やはり少々不便。きっちり払いたいのに1円だけ足りなかったときの悔しさと言ったら。

まあそんなに悔しがるほどでも無いですが,首里城再建寄付箱があったので,溜まった小銭をざざっと入れてきました。焼け石に水ですけど。

そんな小銭で膨れてきた財布,2つ入っていた500円玉を取り出してみたら,なんと片方が平成31年,もう一個が令和元年です。これは使えません。

天神地下街をずーっと南の端まで歩き,地上に出てすぐのところにある八女市のアンテナショップ,八女本舗。ここで八女茶を買って今日の買い物は終了。この店は現金払いのみなのですが,もちろん大事な500円玉は使いません。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感