空にならないカレンダー

電子化のおかげで,すっかり使わなくなってしまったもの.その筆頭格は辞書.英和・和英辞典を開くことは全く無くなり,辞書は書棚で埃をかぶったままです.かつては机の上に常備されていたと言うのに.

英単語はパソコン付属の電子辞書で調べるか,綴があやふやという程度なら,適当に検索ボックスにタイプするだけ.「もしかして」と正しいスペルを教えてくれます.

その次が手帳.長年使っていたシステム手帳は,もう持ち歩きません.代わりがGoogleのカレンダー.2008年1月から使い始めているようで,そういう古い記録がすぐに見られるのも便利です.

このカレンダーが手放せないのは,数カ月後のスケジュール管理が必要になるから.昔はせいぜい一年間の予定をメモっておけばよかったのですが,今じゃ「2年後の5月,空いてる?」なんていう問い合わせもあります.

2年後は極端ですが,半年,1年後は日常茶飯事.先日,とある大学からセミナーをしに来てくれと依頼され,いつ?と聞いたら,

「来年夏休みまではセミナー全部埋まってるから,秋かな.予定どう?」

どうって言われても,一年後の予定なんてほぼ空,と言いたいところですが,カレンダー見たらすでに会議が一つ入ってました.やれやれ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

電気製品は開けてみる

CDプレーヤーが不調で,トレイが時々開きません.どこかに引っかかってるだけかもしれません.こんなときはカバーを開けちゃいます.小型の六角レンチが必要だったり,少々手間取りましたが,なんとかCDドライブに辿り着きました.

ejectボタンを何度も押して,状況確認.別に引っかかりは無いようです.念の為,埃を払い,可動部分を掃除してみるも,トレイが開かなくなる状況に変化は無し.

どうやらパーツの劣化らしい.交換する他ないようですが,流石にそれは手に負えない.何も見なかったことにして,カバーを閉じました.

考えてみりゃ,渡米前に買ったTEACのCDプレーヤーです.そこそこのお値段だった気がしますが,20年以上前のもの.駆動部分にガタが来ても仕方ありません.

トレイが開かないときは,軽く叩けば何とか回復するので(昭和の知恵),しばらくこのまま使いましょう.本格的に壊れてしまった頃には,CDで音楽を聴くことも無くなってるかもしれません.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

白い海原に黄色一点

異常気象も通年のことになってしまえば,これはもう普通の天気.11月中旬に雪が積もろうが,朝の気温が-10度を切っていようが,もう驚かない.

と啖呵を切りたいところですが,やっぱり一面の銀世界には驚きました.先週あたり,ようやく冬の始まりかなと感じてたばかりだったのに,それをすっ飛ばして真冬です.

20cmほど積もっておりました.テーブルの雪プールで悠々泳ぐダッキーはイタリア生まれ.いや中国生まれのイタリア育ちかも.

バードフィーダーに積もった雪が,まるでかき氷みたいです.シロップかけて食べようかな

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

本日で4000記事達成

3500番目の記事が昨年初頭,それから2年弱で4000記事となりました.3000記事では3000についての考察,となれば今日は4000についての考察.

4000,ないなぁ...

4000は全く何も思い当たらないので,思いっきりデノミして4.

数字の4を手書きするとき,上のとんがり部分を空けますか.酷い人になると,ψみたいになっちゃってるのもあります.4を一筆書きする人を見た時は,軽い感動を覚えました.

音楽的には地味な4.Beethovenの4番の交響曲,「英雄」と「運命」に挟まれて,なんだか小さくまとまってます.ピアノ・ソナタ4番,聴いたことありますか?なんか宇宙的な和音が出てくる変な曲です.Schumannの4番,ほんとは二番の交響曲,Schubertだったら「悲劇的」,これまた少々通好みの曲.

生まれ育った家があったのが4丁目.Googleの航空写真でみたら,まだ家はありますね,当たり前だけど.

4で始まる市外局番,所沢,千葉,川崎,横浜,さらに八丈島,僕がそれをダイヤルすることはまずありません.え?ダイヤルって何って?

という訳で,次のキリ番4500の頃には,市外局番045の横浜あたりに電話できる程度は人脈を広げておきたいものです.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

正しい選択をしたんだと思う

New York出張最後の夜,今夜はKoreanにしようと提案してきたのは韓国女性.ちなみに,2日連続して和食を提案してきたのも彼女です.ホテル近くのレストランを検索し,小さいながらも高評価な韓国料理店を発見.もう一人ルーマニア人を連れて三人で出かけました.

韓国料理で検索したはずですが,店の看板にはJapanese.ちょっと気になりはしたものの,入ってみました.でもメニューに並ぶのは,寿司に丼,弁当ボックス.メニューの最後1ページだけが韓国料理.

海鮮チヂミを見つけ,まずはこれを三人で突きつつ,さてメイン料理です.韓国料理なんだからと,僕はビビンバを注文.本格的なものが出てきました.

そして連れの二人,韓国料理です.韓国女性が注文したのは寿司盛り合わせ...っておい!

そしてもう一人.彼の注文は弁当ボックス...っておい!

結局,普通に韓国料理を食べたのは僕だけでしたとさ.

おまけ,Minneaplisの空港で見かけた日本のお菓子たち.まさか,ぐでたまがアメリカ進出していたとは.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

推薦する人を推薦する人を推薦する

仕事上,色んな表彰への推薦募集があります.単純な賞状を貰えるだけのものから,研究費,はたまた給与が出るものまで.そんな募集メールが来るたびに同僚と,誰々を推薦できないかと相談します.特に若手研究者に対しては,将来にも影響するもの.同業者内でそれなりに競争になります.

良い仕事をした若手なら,数人からの推薦が出ることもあります.それだけ人に認められたということで,全然悪いことじゃありません.もちろん組織票を狙ってたくさん推薦書を出すようなのは困りものですが.

ところがそんなのが通用しない国があったらしい.複数の推薦書が出てきたからと,賞の選考委員会の方から「一本化してくれ」という連絡があったらしいです.なんのこっちゃ.

もちろん賞の要項には,推薦書は対象者一人につきひとつだけなど,何処にも書かれていません.ごく普通の一般公募です.推薦書をメールで送れと書いてあるのみ.誰が誰を推薦しているのかは,事務方のみぞ知る.

一人につき推薦ひとつと言うのであれば,選考委員会に回す前に調整しないといけませんね.まずは推薦書選考委員会を設け,そこで推薦書を一本化.推薦する人も調整しておかないといけませんので,その前に推薦者選考委員会を設置.さらに推薦者がそれに値するかどうかを確認するためには,推薦者許認可委員会が必要ですね.大学の先生方々の肩書がさらに増えていきそうですが,それも好まれるお国柄.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

イタリアンに至らずに和食

New York出張三日目にしてようやく青空.寒くは無かったものの,ずっと続くしょぼ雨にちょっとうんざりしていました.それにしても,ここ数年本当に寒くない.毎年同時期にNY出張がありますが,10年くらい前はぶるぶる震えてコートが欠かせなかったはず.

それが今じゃ,日本の11月と変わらない程度でしょうか.もしかしたら今の日本でも,11月って,かつての10月くらいに暖かくなってるのかも.

こんな天気なら,ちょっとばかり会議を抜け出して散歩したくなります.あっちのビルの中にスタバがあるし,歩いて5分程度だし,ま,いっか.

一昨日の夕食が和食(っぽい)だったはずですが,友人がまた日本食が食べたいと言うので,ホテル近くのレストランを検索し,行ってきました.僕は「今夜はイタリアンにすっか」と提案したにも関わらず,和食が良いんだそうです.

小さなレストランでしたが,予想外に本格的な寿司が出てびっくり.ネタの大きさと言ったら.それでいて,お手頃価格です.ボウルで出てきた味噌汁にも,少々びっくりしましたけど.

ここはいつかまた来るかも.旅先お食事処の手持ち和食カードが,次第に増えてきました.でもやっぱりイタリアン至りたかったな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感