ホテルの朝食を避ける

知り合いから,「東京へ行くんだけど,ホテルはどこがいい?」と聞かれることがあります.どこと言われても,仕事先がどこなのかで全く変わるし,そもそも東京のホテルを推薦できるほど泊まり歩いておりません.

成田からのアクセスも問題になります.大きなスーツケースを引き摺りながら,山手線を乗り継いで行けとは流石に言えません.

でもおそらく一番セールスポイントとなるのは,観光とAfter 5の飲食店.繁華街付近のホテルならそういうのは便利ですが,場所によっては少々カオスとなります.東京ど真ん中なら有名所が集まっていますが,少々熱気が足りない.

そんなこんなを考慮して,僕は銀座周辺あたりのホテルを推すことが多いです.自分自身は親戚宅にお世話になるので,そこからのアクセスが楽なのも理由.

友人をホテルに泊め,翌朝迎えに行くと,予約の手違いとかで朝食が含まれてないと言われたそうです.追加すると毎朝数千円.さすがに高すぎるからと彼が採った手段は,コンビニ朝ごはん.

ホテル付近を徘徊してコンビニを見つけ,そこで適当に朝ごはんを買ってきたんだとか.まるで日本のサラリーマンの出張です.こりゃ世話ないやと思った次第.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

マウスで文書にサイン

署名付きの書類を真面目に作るときは,まず書類を印刷し,そこへ直筆サイン.でも実物を要求されることは殆ど無くて,書類をスキャンしてメールすれば事足ります.メールで良いのならズルできて,予め用意してある署名の画像ファイルを貼り付けるだけ.PDFにしちゃえば分からない.

今となっては意味があるのかどうかよく分からないサインですが,さらによく分からないオンラインサービスがありました.文書が画面に表示され,サインする部分をクリックすると,勝手に僕のサインを作ってくれるというもの.

どういうことなのか.

フルネームを筆記体で書いた画像が自動生成され,これでよいかのOKボタン.

いや,それで良いかって言われても,そんなサイン使わないし.

それで良くなければ,自分でサインできます.マウスでお絵かきする要領ですが,これがめちゃくちゃ書きにくい.僕はいつも漢字でサインするので,マウスでカチカチしながらなんとか描き終えたものの,普段のサインとは似ても似つかない.こんなん本人証明になるわけないじゃん.印鑑よりマシかもだけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

釣り竿のようなフロアスタンドライト

基本的に天井に照明が無いアメリカの家なので,どこかに間接照明を置く必要があります.長年使っていたフロアスタンドライトが老朽化し,シェードのプラスチックがぼろぼろになっていたので,新しいものを探していました.そこそこ明るさがあって,リビングで仕事するときに十分な明るさになるものがほしい.

Amazonで見つけたのが,このシンプルな弓型LEDライト,Brightech Sparq Arc LED.写真は暗い居間のものなのでさほど明るそうに見えないのですが,実際はこれ一つで天井の照明が要らないほどの光量です.

明るさは三段階で調節でき,一番暗い設定だと,深夜のくつろぎタイムに丁度よい明るさです.アーチになった先端に何かを吊り下げたい衝動に駆られます.釣り竿のようにして,風鈴でもぶら下げるとか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょっとParis,ちょっと散歩

パリ到着翌日,こちらの学生の学位審査会も滞りなく終了しました.滞りは無かったものの,なんだかよく分からない書類手続きはありましたけど.

大学側に提出する書類があれこれあり,それにサインする必要があります.その中の数枚はほぼ同一の内容.これは別々にサインしないといけないのか,それともなんか古いフォームが混じってしまったのか.

大学側の人も結局分からず仕舞いで,取り敢えず全部にサインして,書類オシマイ.こういう事務手続きって,何処の国でもよく分からないものです.

ホテルへと戻り,とりたててすることもなく,夜のパリを散歩.ラーメンを食べに行くのはさすがにやめておきました.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ちょっとParis,ちょっと上まで登ってみる

一日だけのパリ仕事に来ています.仕事-移動時間比がアホらしいくらいに悪い出張ですが,そこんとこは飲み食いご褒美でカバーするとしましょう.

CDG空港に到着し,そのままRERの駅へと降りて行きます.もう慣れたもの.何度目のパリだろう.

ホテルにチェックインしたのは午後4時.いつもならSorbonne付近の静かなエリア(但し,学生の奇声がたまに聞こえる)に宿を取るのですが,今回はSaint-Lazareにあるホテルです.サン・ラザール,あるいはサラザールみたいに聞こえる,繁華街のど真ん中.付近にはPrintempsやLafayetteといった有名デパートが並びます.

あいにく天気はあまりよくなかったので,散歩がてらLafayetteに入ってみました.この有名な吹き抜けのドームは,上から眺めることができて,

屋上にあがると,こんな風.なんかちょっと拍子抜け.

実はLafayetteの屋上は,知る人ぞ知る展望スポット.なんて大袈裟に言うほど高くはないのですが,真正面にオペラ,彼方にはEiffel塔を眺めることができます.

もっと眺望をのぞみたいならすぐ裏のSacré-Cœurの丘へ登ることもできますが,如何せん天気が悪い.そそくさとホテルへ戻ってきて,パリ初日終了.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

新しい仕事用デイパック

だいぶ前に貰ったものの,そのまま使わずにお蔵入りしていたTUMIのデイパックです.使わずに老朽化させるのも勿体無いので,引っ張り出してきました.

写真ではそこそこのサイズに見えますが,高さ40cmくらいなもの.今使っているリュックより小さめですが,圧倒的に軽い.ポケットもたくさんあって,一泊旅行用には十分そうです.なんと言ってもノートパソコンをすぐに取り出せるポケットがあるのがいい.空港の保安検査場で,パソコンをさっと取り出せます.

バッグを持ち替えるとなると,当然中身の入れ替えですが,僕はどのポケットに何を入れておくかを決めています.例えばサイドポケットには歯磨きと扇子,外側の小さなポケットにはポケットティッシュとイヤホン,パスポートはここ,スマホはここ等々.

運の良いことに,このポケット達の配置が,今使ってるリュックとほぼ同じです.機能性を突き詰めて行ったら,大体似たようなデザインになるんですかね.

今日おろしたての新品ですが,なんと値札が付いておりました.お値段なんと,ん万円! リュックに万札出す身分になろうとは.自分は出してないけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感