歴史探訪してきました

近所にある国定公園Bandelier National Monument,この日は入場料無料とのことだったので,久しぶりに散策してきました。前回は渡米してすぐだったかも。

こういう崖の縁を歩きます。もちろん手摺なんてありません。ここはアメリカ,なんでも自己責任。

岩の台地の斜面に先住民の遺跡があります。そんなに古いものではなく,鎌倉時代よりも新しいくらい。

オープンタイプの博物館という感じでしょうか。こんな洞窟が住居跡で,自由に中に入れます。中は空っぽですが,何かに使ったのか,壁に穴があったり,暖炉か竈のような跡があったり。

岩の上に無造作に置かれた焼き物の破片。落ちていたものを,誰かが目立つように岩の上に並べたんでしょうか。あるいは管理事務所かも。

国定公園ですので,全ての物は保護されており,持ち出し禁止です。これは珍しいとポケットに入れちゃったらお縄。

台地の上へは,こんな梯子がかけられています。勿論これは現代のもの。ここを登ると360度パノラマが広がるのですが,そんな写真を撮り忘れてしまいました。

代わりに撮ってのが,これ。

ここを通ろうってのかい

歩きながらスマホで時間確認し,ふと顔を見上げたら,真横におりましたよ。普通は攻撃してくることはないでしょうが,この角見せられたらビビリます。

町中で鹿が出没するエリアはだいたい決まってるのですが,この付近だと道路反対側が定番。なのでちょっと油断しておりました。

鹿さんとすれ違うと,彼らだいたいこっちをじーーーっと見つめています。そして一度だけ,ずんずんこっちへ向かってきたことがあります。

なので目をあわさないよう歩き去る。もしくは鹿せんべいを常備。

きらきら朝露,タッチ厳禁

朝の通勤時,松の梢がきらきら光っています。朝露かと見たら,なんと透明な松脂。触ったら大変,ベタベタが取れません。

ここまでなくとも,森の松の幹にはよく松脂が染み出していて,うっかり触ってしまったことが何度か。これほんとに取れないんですよね。ずっと手にベタベタが残ります。

これを集めて固めれば,あの琥珀色の塊になるのかなと思ったものの,やっぱり触りたくない。ベタベタ嫌い。

マクロレンズ+連写,現状はここまで

マクロレンズ,まだ試行錯誤中。連写すれば一枚くらい良いのが撮れてるかもと思ったのですが,なかなかそうもいかず。10枚連写しても,どれも同じようなものばかりです。

それでもフォーカスの良し悪しで,そこそこ選べるようです。上のたんぽぽを拡大して撮影すると,

こんなクネクネした形。

タイミング良ければ虫もやってきますが,

おめめ,でかいです。

ニューメキシコの小さな町ロスアラモスでの日々雑感